家事ジャーナリスト、スーパー主夫、社会福祉士

1967年 香川県高松市生まれ。
大阪市立大学商学部卒業後、楽器メーカーで営業職を経験。退職後、学販営業、百貨店業務などさまざまな職を経験しながら関心があった社会福祉の勉強を続け、佛教大学通信教育課程社会福祉学科を卒業と同時に社会福祉士試験に合格。

1998年、当時大学助手だった妻と結婚。キャリアウーマンである妻を支え、主夫をしながら佛教大学博士課程に進学。2001年、長女が誕生。ホームページ上で綴った家事・育児記録が新聞社の目にとまり執筆活動を開始。ロジカルな視点で「楽に家事をする」方法 を日々実践し、「楽家事ゼミ」を主宰して情報提供や家事指導を行う。

また、大学や専門学校での研究教育経験(社会福祉学、家族社会学)や社会福祉士の視点から、家族や家事の在り方を考える「家事ジャーナリスト」としても活動。全国の自治体や企業などで男女共同参画、ワークライフバランス、子育て支援、人権啓発についての講演を行っている。

著書『プロ主夫山田亮の手抜き家事のススメ』(宝島社)。
東京新聞での連載をはじめ、女性誌や育児雑誌での執筆、テレビ出演も多数。
妻・娘(17歳)と京都市在住。

社会活動
2005年よりNPO 法人日本洗濯ソムリエ協会 理事
2011年より兵庫県三田市男女共同参画推進委員
2011年より大阪府島本町人権啓発施策審議会委員